"賃貸物件を探している時に最も気になるものと言えば家賃なのではないでしょうか?
無理なく生活をしていくことの出来る家賃というのは、月収の1/3以下とも言われており、経済的に無理な家賃設定をしてしまうと支払いが困難になってしまうのでご注意ください。

 

賃貸物件へは引越しや挨拶、さらに不動産会社を介した場合は仲介手数料などが必要となってきます。
おおまかな計算となりますが、賃貸の契約をするには対象となる物件の賃料半年分程度が必要となります。
もし貴方の月収24万円であれば家賃は8万円まで、と言ってように予め決めておきましょう。
ただし家賃以外にも管理費や駐車料金などといったその他費用も必要なケースがあるので、家賃設定には十分にお気をつけ下さい。"





小平つかさへ
小平つかさのオススメ情報
URL:http://www.gekizero.com/report.php?cid=1089762


賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこうブログ:17/11/15

あたくしは物心ついた頃から、母とだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、お父さんとの関係は全く違う。
あたくしのお父さんは非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

あたくしが小学生の頃ですら、
お父さんとはほとんどくちをきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
あたくしに対するお父さんの無関心な態度を当然のように感じていたが、
あたくしも思春期を迎える頃には
そのようなお父さんの姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、母に
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

すると母は、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

お父さんは、あたくしのことが好きではないのだろうか…

学生時代、あたくしは品川で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あのお父さんが、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

あたくしはなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

お父さんがその場を去ったあと、
母が「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

お父さんの書斎をこっそりのぞくと、
あたくしが通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
あたくしはなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
女の子の姿を見て満足そうに微笑むお父さんの姿を見て、
あたくしからも父に歩み寄ってみようという気になった。