悪質な賃貸物件についての広告に注意

悪質な賃貸物件についての広告に注意


悪質な賃貸物件についての広告に注意
"不動産会社としては当然のことですが、お客様が店頭に来てもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
どんなに多くの人が不動産屋のホームページへ訪問しているとしても、実際に店舗にまで来てもらわないと意味がありません。

まずは実際に不動産会社を訪問する前に、広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるか電話で聞いてみましょう。
雑誌やネットなどの広告はいうならば「餌」になるので惑わされないようにしましょう。
すでに入居者が決まってしまっている賃貸物件をおとり広告として雑誌に掲載をし、客を呼び込んでいる現実があります・
多くの人が魅力を感じるおとり広告について問い合わせをすると「先日すでに契約されています」などと流し、別の物件を紹介してくることでしょう。"



悪質な賃貸物件についての広告に注意ブログ:17/12/03

こんばんわです^^

金の切れ目は縁の切れ目っていうけど・・・

最近離婚話を良く聞くんだよね~

不景気でお金のことで喧嘩をするせいか、外に働きに出て旦那が
いらない女性が増えるのか・・・

うちの親は無縁。

たまに実家に行くと、元気にエアロビガールや
肩こり体操してるよ。。。


「ね、ね、かた変わったと思わない??」って
PREEを自慢されたり(笑)

父親も絶対離婚はありえない・・・って言ってるし。

お互い好きなことをしているというのが仲良しの証拠なのかも
しれないけど、ドイツ旅行とか行ったり楽しんでるし。

ガンマ線透過写真撮影作業主任者がとれたとなれば、自分のことのように喜んでたり。

あんな結婚相手を見つけなくてはって最近思ったりするように
なったかな~。


友達でも、家族で釣り行って来たよ~って言ってたと
思ったら、実家に帰ってきて離婚とか。

え!?って感じで。

でも、2週間前も13時から五反田で会って
ウォーキングの話で盛り上がったけど、それなりに
精神的には楽になったみたいだし、良いと言えば良いのかもね。

13時から出かけるなんて久しぶりとは言ってたけど、
色々考えて出した結論だもんね。


時にはゆっくりしようと思うのも大切。

なんかそんな気がする。

気分なんて、曇りのち雨だったり、天気と一緒だもんね。



悪質な賃貸物件についての広告に注意

悪質な賃貸物件についての広告に注意

★メニュー

管理物件が豊富に取り揃えている不動産屋
悪質な賃貸物件についての広告に注意
賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこう
一番大切なのは支払える家賃設定
世の中の動きによって賃料に変化がある
時折問題になっている敷金の使われ方
自分の求めている賃貸物件と出会うために
引越しが決まったら2週間前に不動産屋へ
掲載するのに物理的限界のある賃貸情報誌
最初にインターネットで探して問い合わせ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)引越しが気軽な賃貸情報